ママチャリのブレーキを意識したことありますか 〜主力製品紹介Vol.1・バンドブレーキ編〜

レバーを握ればブレーキが効き、自転車が止まる。
これが皆さんにとって当たり前の事であり、
当たり前であるがゆえブレーキについて意識されることは少ないのではないでしょうか。
 
我々唐沢製作所は、
皆さんの当たり前が当たり前であり続けるべく、
日々ブレーキと真剣に向き合っている会社です。
 
弊社で製造している自転車用ブレーキは
「バンドブレーキ」と「サーボブレーキ」に分類され、
どちらも一般的にはドラムブレーキと総称されています。
 
弊社主力製品その1「バンドブレーキ」は1928年(昭和3年)に開発したブレーキです。
ウィキペディア バンドbrake
(参照:ウィキペディア・バンドブレーキ)
 
ゴム素材のライニングが、回転するドラムを外側から締め付けることでブレーキがかかる仕組みで、


ママチャリ(我々業界では軽快車といいます。)と呼ばれる自転車の大半にバンドブレーキが装着されています。
 
弊社では大人向け自転車用から子供向け自転車用まで多様なサイズを製造しています。
  
次回は、バンドブレーキが進化した「サーボブレーキ」についてご紹介します。